Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策

VMwareは、ゲストOSにおける脆弱性「Spectre」の影響を緩和するため、「VMware vCenter Server」「VMware vSphere ESXi」「VMware Workstation」「VMware Fusion」向けにアップデートをリリースした。

CPUの投機的実行に対してサイドチャネル攻撃が行われ、情報漏洩が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2017-5715」、別名「Spectre」が明らかとなったが、ハイパーバイザーを利用することでゲストOSにおける脆弱性の影響を緩和する対策をあらたに追加したもの。重要度は「重要(Important)」。

「Spectre」に関して同社では今回のアップデートに先立ち、仮想マシンから、同じホスト上で実行されている別の仮想マシンに情報が漏洩するハイパーバイザー固有の脆弱性について、すでにアップデートをリリースしている

今回のアップデートでは、さらにハイパーバイザーの投機的実行の制御メカニズムを仮想化することで、ゲストOSにおけるブランチターゲットインジェクションの影響を緩和した。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
「OpenSSL」にセキュリティアップデート - 脆弱性9件を解消
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正