Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県

鳥取県は、観光誘致キャンペーンのウェブサイトにおいて、コンテストの受賞者に関する個人情報が誤ってインターネット上に公開されていたことを明らかにした。

同県によれば、観光誘致キャンペーン「蟹取県ウェルカニキャンペーン」のフォトコンテストのウェブサイトにおいて、2017年12月21日から25日にかけて、コンテストの受賞者に関する個人情報が誤って公開されていたことが判明したもの。氏名や住所、電話番号など14人分の個人情報が含まれる。

同サイトの運営を委託している事業者が、12月21日と22日の両日に7人分の個人情報をフォトコンテスト管理システムに入力したが、 プログラムのミスにより誤って公開されていた。

受賞者より22日に個人情報が公開されていることを指摘するメールが送られたが、委託先事業者がメールを確認、対策を講じたのは25日18時ごろだったという。

翌26日13時ごろに報告を受けた同県では、同日に対象となる受賞者へ説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
講演会申込者情報を誤掲載、個人情報入りデータでテスト- 大阪府
町会代表者の個人情報を入札関連サイトで誤公開 - 東京都
非公開とすべき個人情報含む行政文書を誤公開 - 新潟県
取引先情報が流出、開発プラットフォームの設定ミスで - 道新SC
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
ユーザーID含む内部資料を誤ってネット公開 - Ameba
個人情報を市サイトで誤公開、差替後も閲覧可能 - 浦添市
病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開