Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

二十歳の集い対象者の個人情報を市サイトで誤公開 - 美馬市

徳島県美馬市は、同市ウェブサイトにおいて、二十歳の集い対象者の個人情報を誤って公開したことを明らかにした。

同市によれば、6月7日に同市サイトで2024年度の企画運営委員の募集に関する記事を公開した際、誤ったファイルを公開したもの。

本来、申込用紙を添付するところ、誤って二十歳の集い対象者279人分の個人情報を含む名簿を公開するミスがあったという。氏名、住所、生年月日、卒業時就学校が含まれる。

6月12日に他部署の職員が添付ファイルの誤りに気づき、記事を公開を停止した。ウェブサイトに掲載する際、確認に不備があったとしている。

(Security NEXT - 2024/06/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
ビデオ会議サービス「Zoom」に複数脆弱性 - 最新版へ更新を
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「Hyper-V」や「HFS」など脆弱性3件の悪用に注意喚起 - 米政府
Adobeがアドバイザリを公開、3製品の深刻な脆弱性を解消
「FortiOS」にXSSなど複数の脆弱性が判明
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
指定管理者がファイルを取り違え、個人情報を誤掲載 - 熊本市
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起