Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響

今回明らかになった脆弱性のひとつである「Meltdown」は、GoogleやCyberus Technology、オーストリアのグラーツ工科大学などの研究者が報告したもの。

20180105_md_001.jpg
「Meltdown」のロゴ

研究者によれば、ハードウェアによって本来保護されるべきセキュリティの境界を「溶かす」ことから「Meltdown」と名付けられた。「OS」と「アプリケーション」間の分離を破壊。カーネルのメモリに対するアクセスが可能となるという。

「Meltdown」の影響についてIntelの場合、「Itanium」「Atom」を除き、1995年以降に提供されたプロセッサが影響を受けると指摘。「ARM」についても「Cortex-A15」「Cortex-A57」「Cortex-A72」「Cortex-A75」が影響を受ける。ただし「AMD」は、同脆弱性の影響について否定した。

クラウド環境に関しては、IntelのCPUおよび仮想化技術である「Xen PV」を使用する場合に影響があるほか、1つのカーネルを共有するコンテナに依存する場合に影響があるとしている。

(Security NEXT - 2018/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性
「Movable Type」にXSSの脆弱性 - アップデートが公開
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
CiscoのWindows向けVPNクライアントに脆弱性 - 更新を
「Office for Mac」向けにセキュリティ更新 - 脆弱性2件を修正
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートが公開