Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響

一方「Spectre」は、Googleや、グラーツ工科大学、ペンシルバニア大学、アデレード大学、Rambusなどの研究者によるチームが報告した。「投機的実行(speculative execution)」を由来としている。アプリケーション間の分離を破壊するもので、「Meltdown」と比較して悪用が難しい一方、影響を軽減することも難しいとしている。

20180105_sp_001.jpg
「Spectre」のロゴ

いずれも脆弱性を根本的に解決するには、CPUを交換する必要があるが、「Meltdown」については、Linuxにおいてカーネルとユーザーメモリを分離する「KPTI(KAISER)」など、OSにおける緩和策が提供されており、「Windows」「Mac OS X」においても対応が進められている。

「Spectre」は、「Intel」「AMD」「ARM」のいずれも製品に影響があり、一部メーカーは影響についてアナウンスを開始した。

「Spectre」は「Meltdown」より対応が難しく、パッチで特定の問題へ対策を講じることはできるものの、研究者は今後問題が長期化する可能性もあると述べている。

20180105_sc_001.jpg
影響を受けるベンダーの一覧(表:CERT/CC)

(Security NEXT - 2018/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請