Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのメールセキュリティ製品に複数の脆弱性

トレンドマイクロが提供するメールセキュリティ製品「InterScan Messaging Security Virtual Appliance」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかになった。脆弱性を修正するパッチがリリースされている。

「sudo」に起因し、任意のコマンドを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2017-1000367」や、コマンドインジェクションや任意のコード実行が可能となる「CVE-2017-11391」「CVE-2017-11392」が明らかとなったもの。

「同9.1」および「同9.0」に影響があり、同社では各バージョン向けに脆弱性を修正するためのクリティカルパッチを用意。セキュリティアドバイザリを公開するとともに、JPCERTコーディネーションセンターへ脆弱性を報告し、利用者への周知を進めている。

(Security NEXT - 2017/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
「PAN-OS」脆弱性の詳細や悪用コードが公開済み - 攻撃拡大のおそれ
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
「PHP」に複数の脆弱性 - セキュリティアップデートで修正
「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消