Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

詐欺サイトの通報窓口を開設 - セーファーインターネット協会

セーファーインターネット協会(SIA)は、個人情報を詐取したり、代金を支払っても商品を発送しないいわゆる「詐欺サイト」の通報窓口「悪質ECサイトホットライン」を開設した。日本サイバー犯罪対策センターと連携し、被害防止に乗り出す。

同窓口は、金銭や個人情報、クレジットカード情報などの詐取を目的とした悪質なサイトに関する情報提供を一般から受け付けるもの。通報は、同協会のウェブサイト内に設置された通報フォームから送信できる。

通報者のメールアドレスの提供は任意。通報された情報は、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)へ提供し、情報提供の強化や、詐欺サイトの手口の解明など、被害防止策に活用される。

同協会では、2014年に「なりすましECサイト対策協議会」を設立。これまでも被害実態の調査や対応マニュアルの提供など、EC事業者向けの支援に取り組んでいる。

(Security NEXT - 2017/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を