Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮の攻撃グループ「HIDDEN COBRA」、国内で活動した形跡

北朝鮮の攻撃グループである「HIDDEN COBRA」によるサイバー攻撃が、国内に対しても展開されていた可能性があることが明らかになった。

20171220_fn_002.jpg
フォーティネットにおいて、「FALLCHILL」を観測したのが唯一日本だったという(同社資料から)

フォーティネットジャパンが、同社において同グループが利用するマルウェアによる通信を一時観測していたことを明らかにしたもの。

具体的には、同グループが少なくとも2016年ごろより利用していると見られるリモートアクセスツール「FALLCHILL」の通信を観測したという。

同マルウェアは、米国土安全保障省(DHS)や連邦捜査局(FBI)が共同で調査を実施し、同じく同グループが利用するバックドア「Volgmer」とあわせて、11月中旬に詳細情報を公開、注意喚起を行っていた

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
CEO半数弱が「サイバー攻撃の脅威」に懸念 - PwC調査