Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮の攻撃グループ「HIDDEN COBRA」、国内で活動した形跡

北朝鮮の攻撃グループである「HIDDEN COBRA」によるサイバー攻撃が、国内に対しても展開されていた可能性があることが明らかになった。

20171220_fn_002.jpg
フォーティネットにおいて、「FALLCHILL」を観測したのが唯一日本だったという(同社資料から)

フォーティネットジャパンが、同社において同グループが利用するマルウェアによる通信を一時観測していたことを明らかにしたもの。

具体的には、同グループが少なくとも2016年ごろより利用していると見られるリモートアクセスツール「FALLCHILL」の通信を観測したという。

同マルウェアは、米国土安全保障省(DHS)や連邦捜査局(FBI)が共同で調査を実施し、同じく同グループが利用するバックドア「Volgmer」とあわせて、11月中旬に詳細情報を公開、注意喚起を行っていた

(Security NEXT - 2017/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
JTB海外関連会社への不正アクセス、原因はアカウント侵害 - 北米顧客の情報流出は確認されず
JTB海外グループ会社にサイバー攻撃 - 犯行声明も
ランサムで業務データが暗号化、外部流出の可能性も - 水産加工会社
業務関連データがランサム暗号化、外部流出か - オリコンサル
「Pulse Secure Connect」を侵害するマウルウェアレポート5件を公開 - 米政府
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも