Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通

30万円分のギフト券を購入した際の受注メールに見せかけたマルウェアメールが流通している。あわてて添付ファイルなどを開けば、マルウェアに感染するおそれがあり、注意が必要だ。

三井住友カードを装い、マルウェアへ感染させようとするメールが不特定多数に送信されており、同社や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などが注意を呼びかけたもの。

「ご注文ありがとうございました」などといった件名でメールは送信されており、本文には「VJAギフトカード1000円券×300枚のご注文ありがとうございます」といった内容を記載。受信者の不安を煽り、添付ファイルやリンクを開かせようとしていた。

ファイルの名称は、「VJAギフトカードインターネットショップ」「お振込口座変更のご連絡」など複数の種類が用いられており、誤って開くとマルウェアに感染するおそれがある。

三井住友カードでは、ギフトカードの購入や各種手続きに関して、ファイルを添付したメールを送信することはないと説明。心当たりのないメールを受信した場合は削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
小説投稿サイト「カクヨム」に偽サイト - 正規サイトからデータを取得して表示
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
「Pulse Secure Connect」を侵害するマウルウェアレポート5件を公開 - 米政府
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報