Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト券30万円分の受注に見せかけたマルウェアメールが流通

30万円分のギフト券を購入した際の受注メールに見せかけたマルウェアメールが流通している。あわてて添付ファイルなどを開けば、マルウェアに感染するおそれがあり、注意が必要だ。

三井住友カードを装い、マルウェアへ感染させようとするメールが不特定多数に送信されており、同社や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)などが注意を呼びかけたもの。

「ご注文ありがとうございました」などといった件名でメールは送信されており、本文には「VJAギフトカード1000円券×300枚のご注文ありがとうございます」といった内容を記載。受信者の不安を煽り、添付ファイルやリンクを開かせようとしていた。

ファイルの名称は、「VJAギフトカードインターネットショップ」「お振込口座変更のご連絡」など複数の種類が用いられており、誤って開くとマルウェアに感染するおそれがある。

三井住友カードでは、ギフトカードの購入や各種手続きに関して、ファイルを添付したメールを送信することはないと説明。心当たりのないメールを受信した場合は削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT