Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用

デロイトトーマツリスクサービスと大日本印刷は、サイバーセキュリティ人材の育成プログラム「デロイトサイバーアカデミー」に、インシデント対応を学習するコースを追加した。

同プログラムは、組織に則したセキュリティ人材モデルを策定し、トレーニングを提供するオーダーメイド型人材育成サービス。基礎からCSIRTにおけるインシデントマネジメント、フォレンジック、サイバーインテリジェンスなどのコースを用意している。

今回あらたに「サイバーインシデントレスポンスコース」を追加。イスラエルのIsrael Aerospace Industriesが開発した体験型実践演習システム「TAME Range」を活用し、実際のサイバー攻撃を再現した攻撃シナリオを用いたトレーニングを提供する。

基礎編では、インシデントレスポンスの基礎となる全体の流れや、ログ分析、初動対応を学習。応用編では、高度な攻撃に対するログ分析や対応を学ぶことができる。

(Security NEXT - 2017/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
リスクマネジメント分野の新会社を設立 - NTT東ら
組織強化トレーニングを提供 - 日立ソリューションズ・クリエイト
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
セキュリティがテーマのコミック配信企画、シーズン2が始動
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC