Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュ業務のムダモレを評価、全体最適化を支援するサービス

NRIセキュアテクノロジーズは、企業における情報セキュリティ業務の全体最適化を支援する「セキュリティ業務改革支援サービス」の提供を開始した。

同サービスは、情報セキュリティ業務の「漏れ」「偏り」「無駄」を定量的、定性的に評価し、改善すべき点の抽出から対応方針の提案まで行うもの。

現行システムや業務に関するアンケート調査とヒアリングを実施し、収集した情報をもとに「漏れ」「偏り」「無駄」の観点から分析。可視化レポートを提出する。

各種ガイドラインやフレームワークを踏まえて「漏れ」によるセキュリティリスクや、「無駄」の削減であらたに得られる想定工数を示し、人員と業務量のバランスを定量的に評価して人材不足の領域についても可視化。

内製化すべき業務とアウトソースが望ましい業務など分類し、業界や業務特性を考慮しつつ、目指すべきセキュリティ業務の全体像を提案する。

(Security NEXT - 2022/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
家禽飼養施設のFAXリストを誤送信 - 静岡県
ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施