Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども

三井住友銀行やみずほ銀行の利用者にマルウェアを感染させようとする攻撃が発生している。

三井住友銀行やみずほ銀行など、金融機関をかたり、マルウェアへ感染させようとするメールを確認したとして、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意喚起を行っている。

三井住友銀行を装ったケースでは、法人向けサービスの利用者をターゲットとする一方、みずほ銀行のケースは個人のカードローン利用者を狙っていた。

具体的なマルウェアメールの内容を見ると、三井住友銀行を装ったケースでは、法人向けインターネットバンキングサービスの利用者向けの文面を使用。「ワンタイムパスワード必須化」の案内を偽装し、詳細の確認などと称して、zipファイルをダウンロードさせようとしていた。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
不正アクセスでウェブサイトが改ざん被害 - IBS Japan
玄関マット製造会社に対するランサム攻撃 - 流出VPN認証情報で侵入か
再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
「CODE BLUE 2022」の一部登壇者が明らかに - 5Gハッキングなど
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
一部店舗で無人チェックインシステムがランサム被害 - H.I.SホテルHD
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト