Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

銀行装うマルウェア感染メールに注意 - 法人向けの文面なども

三井住友銀行やみずほ銀行の利用者にマルウェアを感染させようとする攻撃が発生している。

三井住友銀行やみずほ銀行など、金融機関をかたり、マルウェアへ感染させようとするメールを確認したとして、日本サイバー犯罪対策センター(JC3)が注意喚起を行っている。

三井住友銀行を装ったケースでは、法人向けサービスの利用者をターゲットとする一方、みずほ銀行のケースは個人のカードローン利用者を狙っていた。

具体的なマルウェアメールの内容を見ると、三井住友銀行を装ったケースでは、法人向けインターネットバンキングサービスの利用者向けの文面を使用。「ワンタイムパスワード必須化」の案内を偽装し、詳細の確認などと称して、zipファイルをダウンロードさせようとしていた。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス