Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業

マカフィーとラックは協業し、「Amazon Web Services(AWS)」の利用企業を対象としたソリューション展開を2018年2月下旬より開始する。

AWSの利用者向けにマカフィー製IPS「McAfee Virtual Network Security Platform(vNSP)」を展開するもの。

マカフィーが技術的サポートをラックに提供し、ラックでは同社セキュリティ監視センター「JSOC」においてマネージドセキュリティサービスを展開する。

また両社では、AWS利用企業向けにセキュリティ構築や運用に関するコンサルティングサービスを提供するほか、AWSの協力のもと、パートナーやユーザー向けのセミナーを開催していく。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
クラウドのセキュリティ状況を可視化するソリューション - チェック・ポイント
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC