Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」

ファイア・アイは、マルチクラウドに対応したセキュリティ集中管理ソリューション「FireEye Cloudvisory」を提供開始した。

同ソリューションは、2020年1月に買収したCloudvisoryの技術を活用し、同社クラウド製品と統合したもの。クラウド上の設定ミスや脅威対応などの集中管理を実現する。

プライベート、パブリック、ハイブリッドの集中管理に対応。クラウド上の資産やワークロード、セキュリティ管理やイベントを可視化でき、コンプライアンスや事前設定されたポリシー違反を検知、修正できる。

また「FireEye Helix」や「FireEye Detection On Demand」との連携に対応。攻撃を検知した場合は、マイクロセグメンテーションを活用して防御するという。

「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」
「Kubernetes」「OpenStack」のほか、従来型の仮想環境やベアメタルにも対応するという。

(Security NEXT - 2020/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険料算出に「AWS Security Hub」の評価を活用 - 東京海上日動
JPCERT/CCが攻撃相談窓口を開設 - ベンダー可、セカンドオピニオンも
SaaSの設定不備や不審操作を検出するソリューション - IIJ
特定社会基盤事業者や周辺事業者向けのリスク対策支援サービス
外部から見える脆弱性や闇ウェブ情報など監視するサービス
RSA、国内にデータセンター設置 - ID関連サービスの市場展開を強化
PFU、不正接続防止ツールを機能強化 - 「有線LANアダプタ」の使い回しにも対応
自社開発エンジンによる「ASMツール」を提供 - GMOサイバーセキュリティ
「WordPress」のセキュリティ対策プラグインを公開 - クラウドセキュア
迷惑電話対策サービスに国番号での一括ブロック機能