Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」

ファイア・アイは、マルチクラウドに対応したセキュリティ集中管理ソリューション「FireEye Cloudvisory」を提供開始した。

同ソリューションは、2020年1月に買収したCloudvisoryの技術を活用し、同社クラウド製品と統合したもの。クラウド上の設定ミスや脅威対応などの集中管理を実現する。

プライベート、パブリック、ハイブリッドの集中管理に対応。クラウド上の資産やワークロード、セキュリティ管理やイベントを可視化でき、コンプライアンスや事前設定されたポリシー違反を検知、修正できる。

また「FireEye Helix」や「FireEye Detection On Demand」との連携に対応。攻撃を検知した場合は、マイクロセグメンテーションを活用して防御するという。

「Amazon Web Services(AWS)」「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」
「Kubernetes」「OpenStack」のほか、従来型の仮想環境やベアメタルにも対応するという。

(Security NEXT - 2020/05/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティお助け隊サービス制度」がスタート - まずは5社から
ウェブエンジニア向けにeラーニングサービス「KENRO」
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ