Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ

STマイクロエレクトロニクスは、専用のハードウェアセキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ「Telemaco3P」を発表した。

同製品は、ハードウェアベースの車載用プロセッサ。独立したセキュリティ保護装置として動作し、コネクテッドカーにおいてデータ通信の監視や暗号化、メッセージの認証に対応している。

また同製品は、堅牢性と最大105度の動作温度範囲を実現。ルーフの上や真下に設置されるスマートアンテナの内部など、高温の環境での使用が可能だという。

現在サンプルを出荷中で、2018年中頃に量産を開始する予定としている。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
東名阪で「Security Days 2020」がまもなく開催
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
デンソーとNTTコム、コネクテッドカーの脅威検知解析で技術検証
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント