Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デンソーとNTTコム、コネクテッドカーの脅威検知解析で技術検証

デンソーとNTTコミュニケーションズは、いわゆるコネクテッドカーにおける攻撃を検知し、防御するセキュリティオペレーションセンターの技術について実用化に向け、2020年1月から技術検証を開始する。

両社は2017年より、コネクテッドカーの車載セキュリティ機器による出力データを解析し、サイバー攻撃を検知、影響範囲を特定する「車両向けセキュリティオペレーションセンター(車両SOC)」の技術について開発を進めていたが、実用化に向けて実験環境での技術検証を行うもの。

実験車に対してさまざまなサイバー攻撃のシミュレーションを実施。「車両SOC」によるサイバー攻撃の検知や影響範囲の分析などを行い、技術向上を図る。

デンソーでは、コネクティッドカーにおけるセキュリティ対策や通信、データ解析などの技術を担当。NTTコムにおけるネットワークやクラウド、マネージドセキュリティに関する技術のほか、NTTセキュリティの分析技術なども活用していく。

(Security NEXT - 2019/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化