Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デンソーとNTTコム、コネクテッドカーの脅威検知解析で技術検証

デンソーとNTTコミュニケーションズは、いわゆるコネクテッドカーにおける攻撃を検知し、防御するセキュリティオペレーションセンターの技術について実用化に向け、2020年1月から技術検証を開始する。

両社は2017年より、コネクテッドカーの車載セキュリティ機器による出力データを解析し、サイバー攻撃を検知、影響範囲を特定する「車両向けセキュリティオペレーションセンター(車両SOC)」の技術について開発を進めていたが、実用化に向けて実験環境での技術検証を行うもの。

実験車に対してさまざまなサイバー攻撃のシミュレーションを実施。「車両SOC」によるサイバー攻撃の検知や影響範囲の分析などを行い、技術向上を図る。

デンソーでは、コネクティッドカーにおけるセキュリティ対策や通信、データ解析などの技術を担当。NTTコムにおけるネットワークやクラウド、マネージドセキュリティに関する技術のほか、NTTセキュリティの分析技術なども活用していく。

(Security NEXT - 2019/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
SIEM新版「ArcSight 2020」、SOARや脅威ハンティングなど機能強化
JSSEC、セキュリティフォーラムをオンライン開催
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み
脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
ラックと日本女子大、産学連携でセキュ教育 - 「CTF」演習も
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
カスペ、社内用マルウェア解析ツールを製品化 - APTとの関連性をレポート
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス