Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加

楽天は、同社を装う不審なメールが11月6日ごろより出回っており、マルウェア感染やフィッシングの被害に遭うおそれがあるとして会員へ注意を呼びかけている。

「会員情報変更のお知らせ」など同社からの案内を装ったメールが確認されたことから注意喚起を実施したもの。

同社では、身に覚えのない内容が記載されたメールについて、本文内のURLをクリックしたり、添付されたzipファイルを開くと、マルウェアへ感染したり、個人情報を窃取されるおそれがあると指摘。

同社よりメールで添付ファイルを送ることはなく、アクセスするとファイルがダウンロードされるリンクを送信することもないとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
CPU消費電力から暗号化キー解析できる攻撃「PLATYPUS」が判明
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
PC2台が「Emotet」感染、顧客情報含むメールが流出 - ひらまつ