Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立

野村総合研究所(NRI)と日本マイクロソフトは、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を11月1日に設立する。

20171030_nm_001.jpg
記者会見に登壇した高橋氏(画面左)と横手氏(同右)

同団体は、金融事業者が抱える共通の課題について、クラウドなどを活用したデジタルトランスフォーメーションの推進により、課題の解決を図ることを目指すコンソーシアム。

具体的には、金融事業者に求められるコンプライアンスやセキュリティを確保しつつ、働き方改革など、金融事業者における非競争領域分野について業務効率化などを目指す。

参加企業では情報を共有。標準化やリファレンスアーキテクチャーを設定し、業務改善やコスト削減、IT投資の最適化など収益の向上を目指すという。

セキュリティやコンプライアンスを踏まえた上でクラウド基盤の標準化を目指す「金融クラウド活用」をはじめ、「高度なデータ活用」「FinTech関連新技術」などをテーマとするワーキンググループを設置。実証実験を進めたいとしている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年は1930億件のPWリスト攻撃を観測 - 約10億件を観測した日も
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超