Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出

今回の攻撃で、マルウェア配布サイトを読み込むよう踏み台に悪用されたサイトは、ESETが把握しているだけで22件に及んでいる。

ロシアやウクライナドメインのサイトが中心だが、国内サイトでは、住宅建材を扱う愛知県のアイカ工業のウェブサイトが含まれていた。同サイトは現在メインテナンス中となっている。

またESETのリストには含まれていないが、デンマークやアイルランド、トルコなどのウェブサイトでも改ざんされ、感染に悪用されたとの指摘が出ている。

(Security NEXT - 2017/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA