Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御

日立産業制御ソリューションズは、ゲートウェイとして設置することにより拠点間のデータ通信を保護する暗号化アプライアンス「S.COATBOX/DS」を発売した。

同製品は、既存のインターネット環境にゲートウェイとして設置することで、拠点間のデータ通信を保護するアプライアンス製品。定期的な鍵更新や拠点増設時に作業を軽減する「鍵付け替え技術」を搭載したソフトウェアを活用している。

参考価格は、最小構成2台以上で66万5280円から。別途保守費用が必要。同社では、2020年度までに年間2億円の受注を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ