Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CiscoのNFVプラットフォームに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース

「Cisco Cloud Services Platform(CSP)2100」のウェブコンソールに深刻な脆弱性が含まれていることが判明した。アップデートがリリースされている。

同製品は、仮想ネットワークサービスを運用、管理できる「NFVプラットフォーム」。同製品のウェブコンソールにおいて、認証機能に脆弱性「CVE-2017-12251」が存在することが判明したもの。重要度は「クリティカル(Critical)」。

ウェブコンソールへアクセス権限を持つユーザーが、ウェブコンソールのURLを細工することで、同製品上で稼働する本来アクセスできない特定の仮想マシンに対してアクセスが可能となるという。

同脆弱性は、「同2.2.2」から同「2.1.0」に影響があるとしており、同社では脆弱性を解消したアップデート「同2.2.3」をリリースした。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番