Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供

ハンモックは、IT総合管理ソフト「AssetView」の新版となる「同Ver.9.3」を提供開始した。未知の脅威対策機能をあらたに追加した。

同製品は、IT資産管理の「AssetView A」やマルウェア対策の「AssetView V」、脆弱性対策の「AssetView P」など、必要な機能を選択肢、導入できるIT資産管理ソフト。

新版では、カスペルスキーの振る舞い検知エンジンを搭載した「AssetView W」を追加。重要なファイルの自動バックアップ機能を提供するほか、3種類のセキュリティテンプレートを用意した。

価格はオープン。同社では、初年度200社の販売を目指している。

(Security NEXT - 2017/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新