Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生

10月上旬に修正された「Apache Tomcat」の脆弱性を狙ったアクセスが確認された。脆弱なサーバの探索行為と見られている。

20171017_np_001.jpg
探索行為の観測推移(グラフ:警察庁)

問題の「CVE-2017-12617」は、「readonly」を無効化し、HTTPの「PUTメソッド」を受け入れる設定の場合に、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性

開発チームでは脆弱性を修正した「同9.0.1」「同8.5.23」「同8.0.47」「同7.0.82」を提供している

すでに脆弱性を悪用する攻撃ツールが出回っており、警察庁によると10月10日17時ごろより同脆弱性を悪用して特定の文字列を表示させるJSPファイルのアップロードを試みるアクセスを観測。特に13日にアクセスの増加が見られた。

同庁では、これらアクセスについて脆弱性の影響を受けるウェブサーバを探索しているものと分析。脆弱性が存在することを把握された場合、攻撃を受ける可能性もあるとしている。

こうした状況を受け、同庁では、影響を受けるシステムの運営者に対し、緩和策の実施など、対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「クリティカル」の脆弱性に対処
脆弱性1件を修正した「Microsoft Edge 103.0.1264.44」が公開に
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開