Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響

暗号キーを解析する従来の攻撃手法とは異なり、ハンドシェイク時に本来のキーを不正なキーで置き換えるもので、「WPA2パーソナル」「エンタープライズ」のいずれも、暗号スイートに関係なく影響を受ける。

各機器の実装に起因するものではなく、「WPA2」における標準的な実装においてもハンドシェイクのやりとりに問題が存在するとして、Vanhoef氏は、実装上のバグではなく、プロトコルにおける弱点と主張している。

なかでも「Linux」や「Android 6.0」以上に大きな影響を与えるとしており、Vanhoef氏は、Androidを搭載したスマートフォンにおける実験結果を示した。

具体的には、「wpa_supplicant 2.4」以上に影響があり、暗号キーの文字がすべてゼロに置き換わるもので、容易にすべてのパケットを復号できると指摘。全体の41%にあたるAndroid搭載端末が影響を受けるという。他デバイスについても、すべてのパケットは難しいものの、多くのパケットが盗聴されるおそれがあるとしている。

(Security NEXT - 2017/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性