Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年上半期の情報開示請求は1614件、65%に対応 - LINE

LINEは、2017年1月から6月の間に捜査機関から1614件の情報開示請求があり、65%の請求に対応したことを明らかにした。

同社が、2017年上半期に各国の捜査機関から受けた情報開示請求や開示を行った件数について取りまとめたもの。2016年下半期より公開を行っている

同社では、殺人、暴行、詐欺などの刑事事件においてLINEが利用された場合や、LINE上で犯罪予告が行われていると通報があった場合に限り、捜査機関からの利用者情報の開示要請に応じる場合があるとしている。

同期には1614件の開示要請があり、65%の要請に対応。1310回線に対し情報が開示された。裁判所からの令状に基づく要請は1049件で、捜査機関が捜査に必要な情報の提供を求める「捜査関係事項照会」は1件。爆破予告や自殺予告があった場合に当事者を特定する「緊急避難」は2件だった。

要請件数を国別に見ると、「日本」が1415件で全体の88%を占める。次いで「台湾」が151件、「韓国」が43件と続く。「スペイン(3件)」「イギリス(2件)」からの要請もあった。

20171012_li_001.jpg
開示請求の状況(表:LINE)

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員の働きかけに応じて従業員が顧客情報を漏洩 - 野村證券
プロ責法の開示対象となる発信者情報に電話番号を追加
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
IoT機器で広く採用される「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省
成績含む資料を学生に開示、匿名メールで指摘 - 名古屋市大
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE