Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

心当たりないクレジット契約の通知に見せかけたマルウェアメール

実在する消費者金融事業者をかたり、あたかもクレジット契約の手続きが進んでいるように見せかけるメールを送りつけ、マルウェアへ感染させようとする攻撃が発生している。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、「オリックス・クレジット」を偽装したメールが出回っているもの。「取組同意完了のご確認」といった件名でマルウェアメールが送信されている。

本文は、クレジット契約に向けた手続きが進んでいるように見せかける内容で、放置すると身に覚えのない契約が成立してしまうかのように誤解させ、受信者の不安を煽っていた。

メールには、詳細情報の確認としてリンクが記載されているが、実際は無関係なサイトへ誘導するもので、マルウェアに感染するファイルをダウンロードさせようとしていた。

(Security NEXT - 2017/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
「Lazarus」が新コロ研究情報を物色 - 政府や製薬企業に攻撃
ゼロトラスト実現に向けたロードマップ作成サービス - SBT
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
SolarWinds製品の侵害、米国中心に検出 - 国内でも
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割