Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、10月に「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」を実施し、ASEAN諸国と連携した啓発活動を展開する。

20171002_ni_001.jpg

同キャンペーンは、ASEAN諸国などの各政府と、サイバーセキュリティ対策における国際連携の推進を目指すもの。

ウェブサイトを開設し、各国のサイバーセキュリティに関するコンテンツを掲載。英語サイトもあわせて開設して広くアピール。NISCが作成した「情報セキュリティハンドブック」の英語版を公開する予定。

そのほか、意識啓発ポスターやインターネットバナーの配布、SNSを活用した情報発信なども展開していく。

また期間中の10月10日と11日には、第10回目となる「日・ASEAN情報セキュリティ政策会議」をシンガポールにおいて開催。

サイバーセキュリティに関する各国の状況について報告し、これまでの協力案件の推進状況や、今後の協力事項などを議論する予定。

(Security NEXT - 2017/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
政府のセキュリティ訓練参加者情報が流出 - 委託先ツール経由で
3機関以外で政府情報の流出確認されず - 政府
NISC、「ProjectWEB」の不正アクセスで政府機関や重要インフラ事業者に注意喚起
NISCの一部システム情報が外部流出 - 富士通「ProjectWEB」への不正アクセスで
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC