Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東ガスの料金照会サイトに再度PWリスト攻撃 - ポイント交換被害も

東京ガスの料金照会サイトが、8月に続き、再びパスワードリスト攻撃を受けたことがわかった。一部顧客がログインを許し、顧客情報を閲覧されたほか、ポイントを不正に交換される被害が発生している。

20170922_tg_001.jpg
パスワードリスト攻撃を受けた「myTOKYOGAS」

不正アクセスの被害が発生したのは、ガスや電気の料金をインターネットで照会できる顧客向けウェブサイト「myTOKYOGAS」。

同社によれば、9月11日より第三者が外部で入手したと見られるリストを元にログインを試みる「パスワードリスト攻撃」を受けたもの。パスワードを勝手に変更された顧客からの連絡で9月20日に被害へ気が付いた。

今回の攻撃で106件のアカウントが不正ログインを許し、氏名やガスや電気の請求予定額、保有ポイント数などを閲覧された可能性がある。またそのうち24件については、ポイントを不正に交換される被害が発生。被害額はあわせて3万8000円相当だという。

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
看護関係者向け会員サイトにPWリスト攻撃 - P不正交換も
ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
通販サイトに対する21回のPWリスト攻撃を検知 - セシール
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少