Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「脆弱性届出制度」に関する説明会を開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、「脆弱性届出制度」に関する説明会を10月19日に開催する。

「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を5月に改訂したことを受け、同制度で脆弱性について届け出を行った経験がある報告者を対象に、説明会を開催するもの。

パートナーシップにおける取り扱いの変更をはじめ、届出様式の変更における注意点、脆弱性を発見する際の注意事項などを説明。また当日は同機構や参加者による情報交換なども予定している。

申し込みは、事前アンケートへ回答した上で、回答後に表示されるフォーマットに従ってメールで行う。先着順での受け付けとなり、締め切りは9月25日正午。詳細は同機構のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2017/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宅配クリーニングに不正アクセス - 意図しない外部公開も
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
IPA、サイト脆弱性対策ガイドを改訂 - 一見問題なくとも脆弱性対策を
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる