Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携

日立製作所は、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対策の訓練サービスを8月30日より提供開始する。

20170829_hi_001.jpg
あらたに開設した訓練、検証施設(画像:日立)

同社では手はじめに、電力事業者へサービスを提供。模擬的なシステム環境を構築し、システムの監視や指揮命令を行う関連部門の訓練を目的としたプログラムを用意。

攻撃に備えた運用手順の検証やセキュリティ製品の評価サービスを展開する。

同社はサービスの展開にあたり、訓練や検証を行うための施設を茨城県日立市内に開設しており、同施設を活用するという。今後は、他重要インフラ分野への対応を含め、サービスを強化していく。

またイスラエル電力公社(IEC)のジョイントベンチャーであるCyberGymと演習関連サービスやソフトウェアの日本国内における販売契約を締結しており、2018年を目途に同社ノウハウを活用したサービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
インフラ事業者対象に脆弱性や情報漏洩のチェックサービス
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
重要インフラ事業者に情報共有求める、鍵となる10要素も - CISA
セキュリティ対策強化を再度呼びかけ、中小企業も対策を - 政府
政府、サイバー攻撃に再度注意を喚起 - SC全体のリスクコントロールを
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス