Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市

千葉県富里市は、住民の個人情報を不正に使用した課税課の職員に対し、懲戒処分を行った。

同市によれば、職員は2016年11月ごろから職場の端末を使って住民の個人情報を不正に取得。私的に利用していたという。

同市ではこれを受け、問題の職員を8月17日付けで停職6カ月の懲戒処分としたほか、管理監督者2人に対し訓告、および厳重注意の処分を行った。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
SQLi攻撃で顧客情報流出、顧客に脅迫メールも - アパレルブランド
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
サーバへランサム攻撃、情報流出を確認 - リケン
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
出光クレジットの会員サイトで情報流出の可能性 - 外部サービスが改ざん
福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会