Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視

セキュアブレインは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)による監視サービスを10月より開始する。

同社において、攻撃を監視するSOCを設置し、監視サービスを提供するもの。手はじめに、従来より同社が販売しているシスコシステムズのエンドポイント向けマルウェア対策ソリューション「Cisco AMP for Endpoints」を利用した監視サービスを展開する。

サービスメニューとして「Basic」「Standard」「Advanced」の3段階を用意。アラートの監視から分析、検知したマルウェアの解析などへ対応するほか、オプションサービスも用意する。

年間の料金は「Basicサービス」で38万8800円から。別途「Cisco AMP for Endpoints」のライセンス契約が必要となる。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
XDRのマネージドサービスが日本語対応 - ソフォス
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
セキュリティ技術者を育成する学習プラットフォームを提供 - CDI
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
「Log4Shell」の悪用、国内でも多数検知 - 国内で被害も
インシデント対応体制を評価する新サービス - サイバーリーズン