Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Foxit Reader」にゼロデイ脆弱性2件 - 公表受けて方針転換、修正へ

ZDIでは攻撃シナリオを示すとともに、修正の必要性について指摘したものの、対応に変化は見られず、報告より120日が経過したとして、ゼロデイ状態にあるとして脆弱性を公表した。

ZDIによる脆弱性の公表を受けて、Foxitは当初のやりとりに誤解があったと謝罪。対応方針を変更し、これら脆弱性を修正したアップデートを供給できるよう作業を進めていることをZDIへ通知したという。

(Security NEXT - 2017/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 99」がリリースに、脆弱性11件を修正
申請者の個人情報を無関係の自治体へ誤送信 - 豊能町
「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編含む解説書が公開
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」の個人編解説書を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Emotet」感染、2月第1週より急速に拡大 - ピーク時に迫る勢い
J-CSIPへの情報提供、76%減 - 標的型攻撃は5件
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
ランサム攻撃を受けたらどうする? JPCERT/CCが初動対応FAQを公開
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開