Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Foxit Reader」にゼロデイ脆弱性2件 - 公表受けて方針転換、修正へ

PDFビューワーソフト「Foxit Reader」に、未修正の脆弱性2件が含まれていることがわかった。Foxit Softwareでは、当初脆弱性を修正しない方針だったが、脆弱性の公表を受け、修正に向けて準備を進めているという。

20170821_zd_001.jpg

トレンドマイクロ傘下のZero Day Initiative(ZDI)が公表したもの。

URLが正しいかチェックしておらず、細工したファイルやページを閲覧させることでリモートよりコードの実行が可能となるコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2017-10951」が存在。

またスタートアップフォルダに不正なファイルを書き込める「CVE-2017-10952」が含まれる。

脆弱性は、6月にZDIがFoxitへ報告したが、デフォルトで有効化されている「保護モード」を利用していれば影響を受けないとして、Foxitでは修正しない方針をZDIへ伝えていた。

(Security NEXT - 2017/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
政府、中小企業向けにテレワークセキュ対策の手引 - 予算少ない組織も想定
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
「Firefox 80」、重要度「高」3件含む脆弱性10件を解消
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大