Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に

パロアルトネットワークスは、同社ファイアウォール製品の機能を拡張するクラウドベースの「アプリケーションフレームワーク」を発表した。

20170810_pn_001.jpg
「アプリケーションフレームワーク」の概要

同フレームワークは、同社やサードパーティ、製品ユーザーにおいて、同社の製品基盤を利用したセキュリティアプリケーションを開発、利用できる枠組み。

具体的には、パロアルトネットワークスのセンサーや顧客固有のデータストア、インフラストラクチャを活用したアプリケーションを開発することが可能。

製品利用者は、サードパーティ各社が提供するアプリケーションはもちろん、自身で開発したアプリケーションについて評価、導入できる。

同社によれば、すでに30社以上のセキュリティベンダーが同フレームワーク向けのアプリケーションの開発を進めており、製品利用者には2018年の初旬より提供する予定。

(Security NEXT - 2017/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに
EOLのマルウェア侵入対策製品がボットネットの標的に