Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍

Kaspersky Labは、2016年度におけるランサムウェアの検知状況について取りまとめた。検知したランサムウェアにおいて、暗号化型の割合は増加しているという。

同社製品から収集した脅威情報をもとに、ランサムウェアの検知状況について取りまとめたもの。2016年度は258万1026台の端末でランサムウェアを検知。前年度の231万5931台から11.4%増加している。

検知したランサムウェアのうち、データを暗号化して復号キーと引き替えに金銭を要求する「暗号化型」のランサムウェアが占める割合は44.6%で、前年度から13.6ポイント上昇。暗号化型ランサムウェアの検知台数を見ると115万2299台で、前年度の71万8536台から1.6倍へと拡大した。

一方、Android端末を対象としたランサムウェアの検知台数は13万232台で、前年度の13万532台から4.6%減少した。

検知したマルウェアに占めるランサムウェアの割合が高かった国は「トルコ(7.9%)」「ベトナム(7.5%)」「インド(7.1%)」などで、日本も6%で6番目に割合が高かったという。

マルウェア検出においてランサムウェアの割合が高い上位10カ国は以下のとおり。

1位:トルコ
2位:ベトナム
3位:インド
4位:イタリア
5位:バングラデシュ
6位:日本
7位:イラン
8位:スペイン
9位:アルジェリア
10位:中国

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
端末49台がマルウェア感染、ランサムと異なる手法 - 富士通
「PHP」の脆弱性、国内でも被害発生 - IPAが注意喚起
約42万件の個人情報が委託先から流出、ランサム被害で - 豊田市
住民税決定通知書のデータ約15万件が外部流出 - 和歌山市
徳島県、委託先から個人情報約14.5万件が流出 - 削除報告受けるもデータ残存