Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも

個人情報保護委員会は、中小企業向けに改正個人情報保護法の概要を解説した資料「はじめての個人情報保護法 −シンプルレッスン−」を提供している。

同資料は、5月30日より施行された改正個人情報保護法の概要を解説したもの。従来、取り扱う個人情報の件数が5000人以下の事業者は適用外だったが、改正により件数の要件が撤廃となったため、中小企業でも法律への適切な対応が求められる。

同資料では、法律が定める「個人情報」の定義から、事業者が守るべき4つのルールを解説。同法から新設された「匿名加工情報」や罰則についても説明している。

また巻末資料として、中小企業向けのチェックリストを用意。10のチェック項目とそのポイントをリスト化したもので、法律を遵守できているかどうか自社で簡易的に確認することができる。

(Security NEXT - 2017/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA
総務省、テレワークの中小企業向けセキュチェックリストを改訂
脆弱性管理避けられぬOSS、経産省が事例集を拡充
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都