Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック

同四半期にネットワーク内部から検知した重要インシデントは168件で、前四半期の250件を下回った。

「ET-Trojan」の感染が前四半期の39件から11件に減少したことと、マルウェアの通信先として使用されていた不審なSSL証明書を持つホストとの通信が検知されなかったことが、重要インシデント減少の要因としている。

もっとも多かったのは、オンラインバンキングのアカウント情報を窃取する「Ursnif」の感染。「Gozi」「Snifula」「Papras」といった別名でも知られるマルウェアで、前四半期から減少はしたものの47件を検知した。

(Security NEXT - 2017/07/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
クラウド設定のテンプレ、設定ミスがクラウド環境全体のリスクに