Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア「Petya」、わずか1日足らずで65カ国へ拡大

6月27日より欧州を中心に拡大したランサムウェア「Petya」だが、短期間に65カ国へと感染を広げたという。

同マルウェアは、「Petya」のほか、「Petrwrap」「Nyetya」「GoldenEye」といった別名でも呼ばれるランサムウェア。マスターブートレコードを上書きするほか、「Windows」における「SMBv1」処理の脆弱性「MS17-010」を悪用し、ネットワーク経由で感染を拡大するワームの性質を備える。

Microsoftによれば、最初に感染が確認され、多数端末が感染したウクライナをはじめ、ベルギー、ブラジル、ドイツ、ロシア、米国をはじめ、わずか1日足らずで65カ国に感染が拡大。少なくとも1万2500台の端末が、脅威に晒されたという。

初期の感染経路について、同社はウクライナを中心に利用されている会計ソフト「M.E.Doc」のアップデート機能を通じて拡散した証拠を掴んでいると説明。同ソフトのプロセスに対し、悪意あるコマンドをリモートより実行されたことを確認したという。

(Security NEXT - 2017/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
VPN脆弱性突かれてランサム被害、情報流出は確認されず - 伯東