Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Acronis True Image」に脆弱性修正するアップデート - 問題の更新機能経由でも

バックアップソフト「Acronis True Image」の更新機能に脆弱性が見つかった問題で、Acronisは「同2017」「同2016」向けにアップデートをリリースした。

同製品において、アップデートの確認や取得を行う際、暗号化通信を行わず、ダウンロードしたデータの検証がMD5ハッシュのみである脆弱性「CVE-2017-3219」が判明したもの。CERT/CCの報告を受けて、同社ではアップデートを用意、公開したという。

脆弱性に対処したアップデートは、同社のウェブサイトから、アクロニスアカウントを利用し、脆弱性の影響を受けずに入手することが可能となっている。

セキュリティ機関でも、更新機能は利用せず、アップデートをウェブサイトより入手することを脆弱性の緩和策として挙げているが、今回脆弱性が指摘された「更新機能」経由でも、同脆弱性を修正するためのアップデートが提供されている。

同社は、脆弱性について「複数の複雑な条件を同時に実行させることが必要になるため、脅威のリスクは低い」との見解を示しており、更新機能を利用する際は、不特定多数がアクセスする公共のインターネット接続ではなく、自宅や職場などで利用することを条件にアップデート手段としてアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2017/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請