Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバーリーズン、ランサムウェア対策ツールを個人向けに無償提供

サイバーリーズン・ジャパンは、コンシューマー向けの無料のランサムウェア対策ツール「Cybereason RansomFree」を公開した。

同ツールは、企業向けのサイバー攻撃対策プラットフォーム「Cybereason」で提供しているランサムウェア対策機能を、個人ユーザー向けに無償で提供するもの。振る舞い検知やおとり技術により、ランサムウェアを検知して動作を停止させるとしている。

同社のウェブサイトから、無料でダウンロードできるが、5月19日の時点で英語版のみの提供となる。なお、ダウンロードには、氏名やメールアドレス、会社名などの登録が必要。

(Security NEXT - 2017/05/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
2021年のランサム被害報告は146件 - 目立つVPN経由の侵入
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
月桂冠がランサム被害、子会社にも影響 - 生産には影響なし