Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェア感染も行政ネットワークに影響なし - 川崎市

神奈川県川崎市は、同市上下水道局の業務端末1台がランサムウェア「WannaCrypt」に感染したことを公表した。感染の拡大は確認されておらず、行政情報システムなどへの影響もなかった。

同市によれば、感染被害が発生したのは、上下水道局が国際事業推進業務で使用しているパソコン。5月12日の業務終了時に異常は見られなかったが、週明け15日の始業時にパソコンを起動したところ、身代金を要求する画面が表示された。

ランサムウェアに感染したパソコンは、データの送受信や海外関係先との連絡調整などを行うため、インターネットへ直接接続していたという。

同市の行政情報ネットワークとは切り離して運用しており、上下水道施設や行政情報システムなどへの影響は確認されていない。

(Security NEXT - 2017/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社