Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法政大、不正アクセスに関する調査結果を公表

法政大学は、同大のサーバが不正アクセスを受けた問題で、当初発表していたアカウント情報の外部流出は確認されなかったとする調査結果を公表した。

同問題は、2016年12月8日に同大のサーバが不正アクセスを受けたもの。3月10日に公表した時点では、サーバを経由してアカウント管理サーバにアクセスされ、学生や教職員、委託業者などのアカウント情報4万3103件が流出した可能性があるとしていた。

同大では、外部事業者によるネットワークの解析およびログの調査を実施。同調査の報告を踏まえ、同大の情報セキュリティ委員会で検討を行い、アカウント管理サーバへのアカウント情報の要求を行った痕跡は認められたが、それにともなう情報流出は確認されなかったと結論付けたという。

(Security NEXT - 2017/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フォト管理アプリに不正アクセス - ユーザー情報最大143万件が流出
不正通信診断サービスを1月29日まで無償提供 - ALSI
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か