Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、中小企業向けにエンドポイント製品の導入支援サービス

カスペルスキーは、中小企業向けエンドポイントセキュリティ対策製品の導入を支援するサービスを提供開始した。

同サービスは、エンドポイントセキュリティ対策製品である「Kaspersky Endpoint Security for Business」の導入を支援する中小企業向けサービス。

製品の導入やポリシーの設定を代行するほか、製品の基本機能と運用方法を説明する。サービスの対象は、「Windows」および「Mac OS」のクライアント端末と「Windows Server」。

料金は、管理サーバ1台とクライアントおよびサーバ端末10台のインストールと設定作業が含まれる標準作業パッケージで21万6000円。クライアントとサーバ端末の追加料金は、1台5400円。

(Security NEXT - 2017/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
法人向けESETエンドポイント製品のWindows版に新版 - 暗号化製品も追加
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス