Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「動画利用料の債権回収」装う業者に注意 - 「プリカ番号」要求は詐欺

サイト運営業者から有料動画の未払い料金の回収を依頼されたなどとだまし、訴訟を起こすなどと不安を煽って金銭を要求する詐欺が発生しており、消費者庁が注意喚起を行った。

同庁によれば、実際には利用していないにもかかわらず、「有料動画の未払い料金がある」などと電話をかけるよう要求するSMSやメールが出回っているもの。

電話をかけると、未払い料金の回収を受託しているなどとだまし、調べるなどと言いながら、氏名や生年月日など個人情報を詐取。さらに金銭の支払いを要求し、大手通販サイトのプリペイド式ギフトカードの番号を伝えるよう求める。実際に支払いに応じてしまったケースもあるという。

今回の不正請求では、「株式会社日本債券」「TSB債権回収」「CIC債権回収センター」など、実在する債権管理回収事業者や信用情報機関と類似する社名を悪用していた。

法令に基づき許可や指定を受けて事業を展開している日本債券回収、TSB債権管理回収、およびシー・アイ・シーは、いずれも無関係で、有料動画サイトの料金回収業務は行っておらず、支払いの催促にSMSやメールを用いることもないという。

(Security NEXT - 2017/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印刷通販サイトの情報流出 - 外部調査であらたな対象者が判明
印刷通販サイトで顧客の個人情報が流出
「サポート詐欺」の平均被害額が1.8倍に - 支払方法に変化も
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
ネット専用プリペイドカード「Vプリカ」のアプリに不正アクセス
口座利用者以外が「mijicaカード」を不正作成か - カード到着前に利用形跡
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀