Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ESETによる3月のマルウェア検出、JavaScript型が20ポイント以上減

ESETが3月に国内で検出したマルウェアのうち、JavaScript型の割合が2月から20ポイント後退し、全体の4割まで割合を下げた。

20170414_es_001.jpg
3月のマルウェア検出状況(グラフ:CITS)

ESETのセキュリティ対策ソフトにおける3月の検出状況を、キヤノンITソリューションズが取りまとめたもの。

3月は、ばらまき型のマルウェア添付メールが減少傾向にあったという。

他マルウェアへ感染させることを目的としたJavaScriptの割合が、前月の65%から20ポイント以上減少し40%だった。

特定のマルウェアではなく、悪意あるJavaScriptファイルとして検知した「JS/Danger.ScriptAttachment」が、前月の41.3%から28%に縮小した。

個別のマルウェアを見ると、ランサムウェアや、情報を窃取するマルウェアへの感染を目的としたJavaScriptのダウンローダ「JS/TrojanDownloader.Nemucod」が、12%でもっとも検知数が多い。

また、ブラウザの設定を勝手に変更して元へ戻せなくする悪質なプログラム「Win32/Riskware.PEMalform」が次に多かったが、割合は2%と低い。3月は、「その他」が全体の5割を占める結果となった。

(Security NEXT - 2017/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
セキュリティ分野の「総務大臣奨励賞」が決定
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
VirusTotalがIoTマルウェア分類ハッシュ関数「telfhash」を採用
「TCP 445番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン