Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NICT、セキュリティ技術を生み出せる技術者を育成 - U-25向けに「SecHack365」を始動

情報通信研究機構(NICT)は、セキュリティ技術を開発できる人材の創出を目指し、25歳以下を対象としたハッカソン「SecHack365」を開講する。

4月1日に設置した新組織「ナショナルサイバートレーニングセンター」を通じて提供するもの。技術力を持つセキュリティ研究者や開発者の育成を目的としたプログラムとなっている。

同プログラムでは、ブラックボックス化した海外製品を運用するだけではなく、あらたにセキュリティ技術や製品を開発できる人材の育成を目指すと説明。

高専、大学と連携し、通年の遠隔開発実習にくわえ、5月から2018年3月にかけてハッカソンをはじめとする演習、技術者との交流、先端企業の見学など全国で7回のイベントを予定している。

20170403_ni_002.jpg
プログラムのコンセプト(画像:NICT)

(Security NEXT - 2017/04/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下
国境超えた仲間とセキュリティを学ぶ「GCC 2023シンガポール」 - 参加者募集がスタート
国内セキュ人材は前年比40.4%増、それでも5.6万人不足 - (ISC)2調査
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
産官学が連携、セキュリティ人材の育成を推進
「情報セキュリティ白書2022」の無料PDF版を公開 - IPA
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」の策定に向け意見募集 - 総務省
SAJ、サイバーセキュリティボランティア制度を創設 - 人材不足の公益団体を無償支援