Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の漏洩データは14億件、前年比86%増 - Gemaltoまとめ

2016年に情報漏洩事件で流出したデータの件数は前年比86%増となる約14億件にのぼるとの調査結果を蘭Gemaltoが取りまとめた。

20170330_ge_001.jpg
事件の種類と原因(グラフ:Gemalto)

世界で発生した情報漏洩事件について、件数や種類、暗号化の有無、データの利用目的のほか、深刻度などを同社が独自に調査、取りまとめたもの。

2016年に同社が把握した情報漏洩事件は1792件。米国の漏洩事件が1348件と全体の4分の3を占める。ただし、同統計に含まれる日本国内の事件は12件のみとなる。

2016年に発生した情報漏洩事件を原因を見ると、事件ベースでは「なりすまし」が前年から5ポイント増で59%を占めた。次に多かったのは「パスワードリスト攻撃」だったという。

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
2020年1Qの脆弱性DB登録は4520件 - EOL「Windows 7」も件数上位に
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差