Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の漏洩データは14億件、前年比86%増 - Gemaltoまとめ

漏洩件数は2015年から86%増となる約14億件。件数ベースで見ると、「パスワードリスト攻撃」が全体に占める割合は54%と半数を超える。

漏洩元は「悪意ある部外者」が68%でもっとも多く、前年の13%から55ポイント上昇。悪意ある部外者の攻撃により漏洩したデータ件数は、前年から286%増加した。

また、同年に発生した情報漏洩事件で、漏洩したデータが部分的または完全に暗号化されていたケースは4.2%だった。同年に漏洩、紛失、盗難された14億件のデータのうち、部分的または完全に暗号化されていたデータは6%で、前年の2%を上回ったが依然として割合は低い。

(Security NEXT - 2017/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
テレワークのセキュ課題、投資増とガバナンス - IPA調査
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
テレワーク実施する取引先のセキュリティ対策に半数が不安
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減