Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省

国土交通省は、保存中だった一部「倉庫施設等変更登録書類」を誤廃棄したことを明らかにした。

同省によれば、関東運輸局交通政策部において保存期間の満了を迎えていない倉庫施設等変更登録書類を廃棄していたことが、3月17日に判明したもの。

誤って廃棄したのは、2007年度の倉庫施設等変更登録書類237冊で、規定されている保存期間は30年だという。産廃事業者による廃棄処理が行われており、書類に記載された情報が外部に流出する可能性はないとしている。

(Security NEXT - 2017/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
検討会の傍聴申込メールを誤送信 - 総務省
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
高校で実習製品注文者の個人情報をFAX誤送信 - 島根県
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
健診情報含む個人情報の紛失事故2件を公表 - 大阪府
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便